白蟻駆除の方法をチェックしよう!施工は雨漏り修理を終えた後

元凶は雨漏り?!白蟻が発生する理由を徹底リサーチ 元凶は雨漏り?!白蟻が発生する理由を徹底リサーチ

雨漏り修理が完了したら白蟻駆除を行なおう

雨漏りの補修作業が完了したら、次はいよいよ白蟻駆除の作業に入ります。白蟻駆除の方法は主に2通りのやり方があります。それぞれ異なる特徴を持っているので、どちらの特徴も把握しておきましょう。

体験者に聞きました!白蟻駆除の作業法

一刻も早く駆除してもらいたかったので(40代/男性)

すぐにでも白蟻を撃退したかったので、業者の方に相談して、すぐに効果を得られるバリア工法という駆除法をやってもらいました。木材に穴を空け、白蟻駆除に効果のある薬剤を散布するという方法です。私の家の場合、床下に被害を受けていたようなので、そこを中心に処理してもらいました。施工が終わってからは一切白蟻の姿を見かけません。業者の方の話によると長期間効果が持続するそうですが、これからは白蟻が発生しないよう注意したいと思います。

こどもがいるので安全性を重視しました(30代/女性)

家に小さいこどもやペットがいるので、安全性が高い薬剤を使って白蟻を駆除するベイト工法を施工してもらいました。白蟻の通り道にこの薬剤(ベイト)を置き、それを巣に持ち帰らせて白蟻を駆除させるという、人にもペットにも一切被害の無い駆除法でした。業者の方の話の通り、臭いも無く、また建物を傷つけずに施工が済みました。親戚にも白蟻被害に遭っているという方がいるので、この方法を紹介したいと思います。

薬剤による施工の効果は5年

作業員

今国内で使用されている白蟻駆除用の薬剤の効果は、最長でも5年くらいです。薬剤を使って完全に駆除できたとしても、5年ほど経つと再度被害が発生する可能性があります。ただ、その5年の間に白蟻が発生しないよう徹底した予防をしておけば、再発生する可能性を大きく減らすことができます。

TOPボタン